新築マンションのメリット・デメリット

今回は趣向を少し変えて、「新築」の中でもマンションにポイントを当ててお話ししていきたいと思います。

新築マンションのメリット

マンションは、鍵1本で戸締りが出来ます。

特に新しいマンションは低層階でも防犯性に優れた物件が多いです。

また、駅の近くなど立地条件の良い物件を一戸建てで探そうとすると、予算をオーバーしてしまう可能性が高く、マンションの方が条件には適していると考えられます。

デメリットとして管理費の支払いの義務はありますが、パブリックスペースなどの公共の空間は、基本的に管理会社が清掃などの管理をしてくれます

新築一戸建てのような広ささえ求めなければ、手軽に住めるのが新築マンションのメリットと言えるでしょう。

マンションには画一的な空間というイメージを持たれている方もいると思うのですが、最近では間取りについても自由度や機能性が求められるようになってきました。

新築の分譲マンションの場合、購入者の希望で設備を選べたり、オプションプランで自由にデザインできたりするケースも多々あります。

こういう物件を選択すると、新築マンション購入の際でもこだわりの間取りを実現することが出来ると思います。

また、最近多い高層階マンションでは、眺望の良さが人気となっています。

新築マンションを購入して夜景を独り占めなんてのも魅力の一つでしょう。

 

新築マンションのデメリット

せっかく新築でマンションを購入したのに、集合住宅の性格上、何事も自分たちだけでは決められない事はデメリットです。

例えば、どんな建物も老朽化に伴う建て替えの時期を迎えますが、その建て替えについても自由に決める事ができません

なぜかというと、区分所有法で定められている区分所有者及び議決権の各5分の4以上の賛成を得る必要があるのです。

まぁ新築マンションを購入すれば建て替えの問題は当分先の話なんですけどね笑

また、建物の傷みに備えた修繕費の積み立て管理費など、毎月決まった出費が月々のローン返済の他に別途必要になってきます。

住み心地という点からいえば、上下左右の住民との間で騒音などのトラブルに気を付けなければなりません。

これは新築住宅でも起こりうる問題ですね。

一度トラブルを起こしてしまうと、常に接した環境に身を置いているため、お互いにストレスとなりますし、関係を修復するのが難しくなります。

我々は宇佐市にある超ローコスト住宅専門店として、お客様の「幸せな家づくり」を成功させるために近隣の調査も行うので、変な人などがいるかどうかもすぐにお客様にお知らせすることが出来ます。

話が逸れましたが、このほかにも様々な不自由が新築マンションには存在します。

まず、家族が増えることで家の中が手狭になるということです。

バルコニーやベランダだけで庭が無いのも、不自由さを感じる一つの原因です。

また、停電時にはもちろんエレベーターが止まってしまうため、高層階に住んでいる人は不便極まりないと思います。

 

所有している土地に家を建てるのと、スペースを所有することの差は、こういった点に現れるのです。

 

next >>平屋のメリット

★LINEで問合せする 友だち追加

★電話で問合せする

0978-25-4919

★メールで問合せする

    ※確認画面は表示されません。上記の内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れて下さい。 後日、こちらからご連絡致します。




    このエントリーをはてなブックマークに追加